プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No354『千枚舌』ー『英語でことわざシリーズ』

『千枚舌』

(口からでまかせでうその多い人をいう、要はうそつきのこと)



【“He lies like a gas meter.”】

((ガスメーターが不正確だったことから)とてつもなくうそをつく)



土地取引などでは千口に三口くらいしか成立しないことから、

土地売買をなりわいにする人を皮肉って言う時に『千三つ』といった。

千に三つほどしか本当のことを言わないというほどウソばかりつくことを

『千枚舌を使う』という。



ー例文/ー


【“You're a liar.”】

(うそをいえ(そんなことがあるか))


【Kanji】


世界のお土産通販

【資格講座のエル・エー 】販売促進プログラム
【ファンプラス】無料会員登録でクーポンプレゼント!(~2011年5月31日)


スポンサーサイト

No55【モンキー・ビジネス】ー『英語でことわざシリーズ』

『モンキー・ビジネス』


china-moushi-0712-01.jpg ワコール ストア告知バナー100×60サントリー健康食品オンラインショップ



   (写真は、『仮名論語』にある『孔子』のスケッチ像ー本文とは直接関係ありません)


 『モンキー・ビジネス』


(詐欺商売)


 『モンキー・ビジネス』は、いうところの『羊頭狗肉』 (ようとうくにく) (羊の頭をかかげて実際は『狗肉』(けものの肉ー犬の肉)を売ること。ふれこみは立派だが、中身は異なっているということで、『看板に偽りあり』に同じ)のこと。


 【 It is to sell vinegar while crying that it is sake .】(酒を売ると称して酢を売る)


ーーもともと、『羊頭狗肉』は、『牛首馬肉』といっていた‥‥その由来はー


サントリー健康食品オンラインショップ

  中国【宋】の時代、禅書「無関門」に基づく。 


 中国古代、斉の霊公(王様)が、女性が男装するのを見るのが好きだという悪趣味があった。そのせいか、男装束が宮中にとどまらず、いつのまにか、町中のいたるところで流行るようになってしまった。 度が過ぎるので、王は、「宮中ではかまわないが、町の中での男装は許さん」とし、罰則まで設けて取り締まるようになったが、一向に効き目がなく減らない。



  そこで、ブレーンに相談したところ、《宮中で男装をさせながら、町で禁止するというのは、ちょうど、牛の首をかけておきながら、店では馬肉を売るようなものです。どうして、宮中でも禁止しないのですか》と答えたという。


  その通りにやってみると、やがて、男装するものがいなくなったという故事に由来する。


 このことから、最初『牛首馬肉』といわれ、後の「宋」の時代あたりから、『羊頭狗肉』ともいわれるようになったといわれている。



 ーー『今年の漢字』ー『偽』ー  


 先日、日本漢字能力検定協会が公募し恒例となっている、京都『清水寺』で披露された『今年の漢字』が『いつわり』を表す『偽』だった。


 そこで、二番煎じになるがーー『今年のことわざ』として、この『モンキー・ビジネス』、『牛首馬肉』に『羊頭狗肉』というところで、誰も異論はないだろう。



ーーさらに、『今年の漢字』『今年のことわざ』に相当する文言をざーっと挙げてみるとーー


 あるわ、あるわ‥‥出るわ、出るわ


 イカサマ、インチキ、ハッタリ、デマ、ウソ、ホラ吹き、バチモン、バッタモン、デッチ上げ、ダミー、たぶらかす、だます、詐欺師、サバを読む、誤魔化す、キセル、ペテン、デマカセ、ヤマをはる、ヤマカン、まやかし、食わせ者、曲者(くせもの)、トリック、まがいもの、ニセ、似非(エセ)、偽装、八百長、コピーもん、『護摩の灰』(先号?54『弘法筆を選ばず、弘法も筆の誤り』で紹介)、詐取、詐欺、欺瞞(ギマン)、偽善(ギゼン)、???これらを総称して『モンキー・ビジネス』という。


  動物愛護の観点から、お猿さんには何も罪はないので、ここらへんでよそう。



ーー英会話例文ー


【 These  events  might  be  the  top  of  an  iceberg .】 (事件は『氷山の一角』かもね)


【 If  it  is  true ,  the  world  might  come  to end .】(本当なら、世の中も末だね)


英語でことわざシリーズ http://clip.lycos.jp/haraklcblog07   【H.Kanji】


グリコネットショップ<br />07クリスマスプロモ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。