プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No731 『危険と隣り合わせー危機一髪助かる』ー『英語でことわざシリーズ』

『危険と隣り合わせー危機一髪助かる』

(髪の毛一本ほどの差で危険がさし迫っているという、絶対絶命の状況から九死に一生を得ること)

【“They had a narrow escape.”】
(九死に一生を得た)

2009年1月、離陸直後の飛行機のエンジンがバードストライクで突然全停止。エアバスがグライダー飛行をしいられるという絶望的な状況から機転の判断で近くの川に緊急着陸に成功。絶望的状況から九死に一生を得て乗客の全員が無事に生還。近く通行中の巻き添え犠牲の悲劇があったが、ハドソン川の奇跡【Miracle on the Hudson】と称えられた。

ー例文/-
「They had a close call.」
(彼らは危機一髪助かった)

【Kanji】


ツィツターでもダイジェスト版を紹介しています。hacan001をフォローしましょう


ワンセグ録画チューナーARecX6
売る・買う・つながる ハンドメイドマーケット クリエーコ
【金印】大人気!きざみわさび2パックセットキャンペーン
¥2,400⇒¥1,980!送料無料!

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。