プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No604 『柳の下の泥鰌』ー『英語でことわざシリーズ』

『柳の下の泥鰌』 (やなぎのしたのどじょう)

(一度良いことがあったからといって、いつもそううまくいくものでないたとえ)

【“There are no birds of last year in this year's nests.”】
(今年の巣の中に去年の鳥はいない)

柳の木の下でドジョウを捕らえたからといって、また獲物を捕まえられるとは限らない。事は一度成功したからといって、たやすいものでない。その時その時の工夫がいるという。
東日本大震災から一年、三月にもなるのに、野鳥が例年になく数少なく、いまだ庭の南天の実が赤く残されている。人知を超えた地球変動、震災の影響なのだろうか、何なのか?

ー例文/-
「A little bird told me the secret.」
(その秘密はある人(いい人)から聞いた)

【Kanji】


年会費永久無料「JMBローソンPontaクレジットカード」
JMBローソンPontaカード、ローソンのレジはサインレスで便利!
バイトリッチ応募プロモーション
今なら、入金ボーナス30%進呈!TradingPointなら、レバレッジ500倍!
商品点数3万アイテム★総額5,000円以上で送料無料。
下り最大42Mbpsの高速通信「OCN 高速モバイル EM」
時給1500円以上も多数!勤務地多数で楽しく稼げる【販売WORK】
携帯買取専門店
【老舗家電卸問屋エルモア】電化製品・家電製品なら何でもあります!なくてもメーカーから取り寄せます!!一度ご連絡を!!!!!!


『英語でことわざシリーズ』は毎日無料配信・ブログ更新しています。
ツィツターでもダイジェスト版を紹介しています。
hacan001をフォローしましょう




スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。