プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No76【宋襄の仁】ー『英語でことわざシリーズ』

『宋襄の仁』 (そうじょうのじん)


バラ-071023-001
サントリー健康食品オンラインショップウィルコムストア



『宋襄の仁』 (そうじょうのじん)


(戦(いくさ)にもかかわらず、わざわざ敵が有利な状況をつくりだすのを待つという、無用の情けをかけ大敗してしまった中国・春秋時代の王ー宋(そう)の襄(じょう)公に因む故事から。相手に対する無用の情け、役に立たない気づかいをさして『宋襄の仁』という)



【 It is like to use a fox to keep the geese.】 (キツネにガチョウの番をさせるようなものだ)




ミキハウス アットレットマート





ー由来ー

 自分自身の仁政によって、宋国内をうまく治めていた襄公は、自己の理想主義に満足しきっていた。だが、春秋時代という多くの覇者が並び立つ乱世の時代を背景に、楚の国と決戦を交えることとなった。

 この時腹心が、

    「相手方の陣形が整わないうちに先制しょう」

  と進言したにもかかわらず、

 宋の襄公は、


    「君子は人の難儀につけこんで苦しめるようなことは、決してしないものだ」


 と言って、戦のさなかに無用の情けをかけ、結局、少数軍が大軍に勝てるわけがなく大敗し、この時の

傷がもとで、後に死んでしまった。



富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MARTセブンアンドワイ




ー教訓ー

 戦うからには、勝つことがすべてだ。平時の論理を戦乱の時に説いてもかえってあだとなるという。ここから、何事につけ厳格な状況認識をもって事にあたる必要性をいう。



ー英単語の解説ー

【fox 】は、キツネ、キツネの皮、ずる賢いやつ、動詞では、ふりをする、だます、の意がある。

【goose】は、ガチョウ、ばか、間抜けなやつ、の意がある。複数形が【geese】



毎月更新!ホテルランキング【やど上手】ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブMIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


 

               


英語でことわざシリーズ  http://clip.lycos.jp/haraklcblog07/ 
【H.Kanji】









ウィルコムストア



スポンサーサイト

No75『地震・雷・火事・親父』ー『英語でことわざシリーズ』

『地震 雷 火事 親父』


kanato-200710-001.jpg

(写真は、本文と関係ありません)


『地震、雷、火事、親父』

(世の中、突然襲ってくる災難のたぐいを順に並べると、地震、雷、火事、親父が定番だ)














【 When the frightening one is sequenced in the world , it becomes an earthquake , thunder , fire , harricane( father in Japan ) .】 (この世で恐ろしいものは、順に地震、雷、火事、ハリケーン(日本では、親父が定番)となる)


ベルーナ マイワインクラブDHCオンラインショップ




ーいわれー

 こわいもの、おそろしいものということで、地震、雷、火事が挙げられて、四番目に親父とくるのは、そもそも諸説あって、



  その?、「山嵐(やまあらし、やまじ)」がなまって、オヤジになったという説

  その?、地震、雷、火事、他にも恐ろしいものはいくつかあるが、語呂合わせから、 

       オヤジになったという説。

  その?、その昔は、先生や、父親となると、威厳が備わっていて本当に恐くて、  

        四番目に堂々とランク入りしたという説。





ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】春休み・卒業旅行におすすめおこづかいがドンドンたまる”おトク貯金箱”ポイントボックス





 諸外国では、



  地震、雷、火事、ハリケーンあるいはトルネード(竜巻)が挙げられる。



 最近では、

  これらに、もっぱら Tsunami (日本語の津波) が入るという。



Sony Card(ソニーファイナンス)



ー余談ですがー

 地震、雷、火事、親父をもじって

     この世は、自信、神成、佳事、親慈 であってほしいと願わずにはいられない。



   

 毎月更新!ホテルランキング【やど上手】ASICS FAMILY CLUB  アシックスファミリークラブMIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
 

               

ー英例文ー

【 This story is before the age though father has been enumerated by one of the scary one in this world in Japan.】 (この世の中でこわいものの一つに、日本ではオヤジが挙げられているが、この話はひと昔前のことだ)



英語でことわざシリーズ  http://clip.lycos.jp/haraklcblog07/ 
【H.Kanji】














| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。