プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No747 『大晦日《おおみそか》』ー『英語でことわざシリーズ』

『大晦日』 (おおみそか、一年最後の日、一年の始まりの前の日)

【“It is the day of New Year's eve.”】
(新年の前夜の日だ)

みそかは三十日とも書いて月の第三十日の意から
月の最終の日のこと。
大みそかはその年の最終の日の意味。

英語ではではみそかを新年の前の日と表現する。
最後ともいえるし始まりの前ともいえる。

大震災が起きた記憶も残っているが、この出来事を決して忘れず最後に、また新しいスタートにふさわしく
大晦日を有意義に過ごそう。

ー例文/ー
【“It happens on the eve of a catastrophe.”】
(それは大災変の間際に起こる)

【Kanji】

スポンサーサイト

<< No748 『一年の計は元旦にあり』ー『英語でことわざシリーズ』 | ホーム | No746 『毎月一日はことわざの日』ー『英語でことわざシリーズ』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。