プロフィール

ハラノカーナートですーとうぞよろしく。

Author:ハラノカーナートですーとうぞよろしく。
 英語でことわざシリーズへようこそ!

 ことわざは、【言】と【彦】を並べて書いて『諺(コトワザ)』。古くから語り継がれ今後もエコーのように響き伝えられていくもの。英語でも【Add】と【Age】をくっつけ【Adage】で古言・諺の意味を持ち年輪を重ねるという語源がある。
 ことわざの多くが、人生で味わう喜怒哀楽を表現し、先人たちの日常生活の中から抽出、焙煎された血と涙と汗の結晶。そこには生活の知恵が濃縮されている。さらには、ことわざを生んだ国や地域の文化の香りをも漂わせている。
 この『英語でことわざシリーズ』では、ことわざのもつ意味やその背景社会、出典や由来なども解説し、あわせて相当する英文・英会話例も紹介している。
 ことわざは世界共通語でもある。英語の勉強になってお互いの理解に役立ち、これからの時代に欠かせない国際感覚をも磨こうとするものです。
Please wellcome to my Kotowaza's homepage!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

FC2アフィリエイト

カテゴリー

ブログ内検索

たまご時計

たまご時計

ー英語でことわざシリーズですー
楽しく遊んで学ぼう。

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No418『敗軍の将は兵を語らず』ー『英語でことわざシリーズ』

 『敗軍の将は兵を語らず』

(戦に負けた将軍は兵法について語る資格がない。

失敗した者はそのことに関しあれこれ意見を述べる資格がない)


【 It has no qualification that talks about the bravery.】

(武勇について語る資格なし)



ー出典ー


「史記」【敗軍の将は以て勇を言うべからず。

亡国の大夫は以て存を図るべからず】
から。

漢の韓信は趙との戦いに勝ち、趙の軍師である広武君を捕らえた。

韓信は手厚くもてなし燕の国と斉を討つ策をたずねた。

しかし、広武君は戦いに負けた将軍は戦いについて述べる資格はない、

国を滅ぼした政治家は政治について語る資格がない

と言ったという故事から


【 The general of the defeated army doesn't talk about the soldier.】

(敗軍の将軍は兵を語らず)


【Kanji】8/20




hacan001をフォローしましょう

【グリーンエネルギーナビ】太陽光発電の無料一括見積り
太陽光発電の価格比較

「サミットネットスーパー」ソク割プラン

子育て心理カウンセラー養成講座

【海外FX】レバレッジ規制の影響なし!MARKETS.comは、英国FSAのライセンスを保有した信頼のFX会社。レバレッジ最大200倍!


スポンサーサイト

<< No419『風樹の嘆』ー『英語でことわざシリーズ』 | ホーム | No417『アメ(飴)とムチ(鞭)』ー『英語でことわざシリーズ』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


あなたも心理カウンセラーになりませんか?

わずか1ヶ月で資格を取得し、あなたも心理カウンセラーとしてデビューし活躍することができます!


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。